1921年創業!プロご用達の冷凍お惣菜通販サイト | UJURO by ヤマダイ食品

  • 1921年創業!プロご用達の冷凍お惣菜通販サイト UJURO by ヤマダイ食品
  • 1921年創業!プロご用達の冷凍お惣菜通販サイト UJURO by ヤマダイ食品

食材のあれこれ

オクラについて

オクラについて

目次

  • ヤマダイ食品イメージキャラクター「オクー」オクラのベジピー(野菜の妖精)
  • オクラとは?
  • オクラのおいしい茹で方
  • オクラの代表的な栄養価
  • 粘りの正体!
  • カルシウム
  • βカロティン
  • カリウム
  • オクラの主産地
  • オクラの種類
  • オクラ
  • 赤オクラ
  • 白オクラ
  • ミニオクラ
  • 丸オクラ
  • まとめ
  • 関連リンク

ヤマダイ食品イメージキャラクター「オクー」オクラのベジピー(野菜の妖精)

ヤマダイ食品といえばオクラ。オクラといえばヤマダイ食品。
そんな弊社のイメージキャラクターを務めてくれているのは…そう!オクラモチーフのヘアスタイルがキマっている彼!「オクー」です!

オクーはオクラの“ベジピー(野菜の妖精)”なんですが、その他にも小松菜や茄子など…いろんな野菜に“ベジピー”がいます。WEBサイトやパンフレットなど、様々なところに“ベジピー”が登場しますので、良かったら探してみてくださいね。
ちなみに、三重県にあるヤマダイ食品東員工場の看板もオクーがいます。(このオクーは大きいですね…)

文頭でもお伝えしましたが、ヤマダイ食品といえばオクラ!ありがたいことに業界ではそういった認知をしていただいております。そして、自信をもってお客様にご提供できる食材です。

オクラについて

三重県にあるヤマダイ食品東員工場の看板

オクラとは?

ネバネバ野菜代表として、旬は盛夏!(6~8月)
原産地はアフリカ東北部といわれていて、熱帯から温帯で多年草として栽培されていますが、寒さに弱いことから日本では一年草となっています。
栄養価が高いと言われており、特に女性からの人気が熱いオクラ!調理方法で変わる独特な食感も特徴的。

突然ですが…オクラって可愛くないですか?

というのも、オクラを切って断面を見てみると、星型!かわいい!映えます!
この星型を活かして料理にトッピングすれば、かわいさと美味しさ、そして栄養までゲットできちゃいます。
見た目で楽しませる・食べて楽しませる…なんてま さに野菜界の2刀流プレイヤーですね!

オクラのおいしい茹で方

オクラは独特なネバネバ感があるため、どう茹でるかで、食感が変わります。簡単にオクラのおいしい茹で方をご紹介します。

まずは下処理!
ヘタを切ります
形がきれいなほうが良いので、先っぽの部分だけをザクっと!

ガクを切ります
ヘタの周りの少し黒みがかった部分。

水で洗い、うぶ毛取り
ササっと水洗いをして、塩をまぶしてやさしく手もみ。(量が多い場合は板ずりでもOK!)
うぶ毛が取れるだけでなく、下味つけもできて◎

茹でる
ご注意!オクラは切らずに茹でましょう!切ってから茹でるとお湯がネバネバになるだけでなく、オクラの中に水が入り、食感も変わってしまいます…切る前に茹でることをおすすめします。

そのまま食べるなら?
食感のお好みにもよりますが、1分半~2分程度を目安に茹でます。

再調理するなら?
茹でたあとに、炒めたりと再調理する場合でしたら1分程度を目安に茹でます。

冷水につける
茹であがりましたら、冷水にさっとつけ、ザルにあげ冷まします。これをやることで色鮮やかにもなります。

以上、オクラのおいしい茹で方でした!
シャキっと食感が良い!ネバネバの特徴を活かしたとろみ食感が良い!など、食感の好みはいろいろだと思います。茹でる時間を調整して様々な食感をお楽しみください!
(当店のオクラ商品は厳選オクラを使用し、さらに調理済み!解凍するだけ!シレっと商品PR!)

オクラについて

ヤマダイ食品定番の冷凍お惣菜「オクラごま和え」

オクラの代表的な栄養価

オクラについて

オクラにはたくさんの栄養素を含んでいることで知られ、健康にたいへん良い食材と言われております。
そしてあの独特なネバネバ!その正体とオクラの代表的な栄養価を簡単にご紹介します!

粘りの正体!
ネバネバ野菜の代名詞といっても過言ではないオクラ!
あの粘りの正体はペクチンガラクタンアラバンムチンなんです。
…なにかの呪文でしょうか?詳しく見てみましょう!

「ペクチン」「ガラクタン」「アラバン」
水溶性食物繊維の一種で、「ペクチン」には腸内環境の改善、食後の血糖値上昇の抑制、血中コレステロールの抑制などの効果が期待できるといわれています。

「ムチン」
糖とタンパク質が結合したもので、オクラや納豆、山芋などの粘り気の強い食材のヌメリのもととなる成分です。胃腸の粘膜保護、たんぱく質分解酵素を含むことから、たんぱく質の消化、吸収を助けてくれるといわれています。
※熱に弱 いため、加熱のしすぎには注意!

カルシウム
カルシウムはよく、丈夫な骨と歯をつくるためにはかかせない栄養素と紹介されますが、それだけでなく、身体の中で様々な働きをするとても重要な栄養素。そんなカルシウムも豊富であると言われております。

βカロティン
緑黄色野菜であるオクラには抗酸化作用のあるβカロテンが豊富に含まれています。体内で必要に応じてビタミンAに変換され、髪や皮膚、さらに視力の健康維持が期待できます。

カリウム
カリウムは体内の塩分を排泄する働きがあるため、高血圧に効果があるとされています。

その他にも鉄、ビタミンC、ビタミンB1などが含まれています。
栄養豊富で、胃の粘膜保護・消化を助けてくれるオクラは夏バテ解消にはもってこいの野菜ですね!

オクラの主産地

1位:鹿児島県
2位:沖縄県
3位:高知県
農林水産省「地域特産野菜生産状況調査」
1位の鹿児島が全体の1/3を占めています。やはり温かい気候の地域が上位にあがりますね。

オクラの種類

オクラについて

オクラには実はたくさんの種類があるのをご存じですか?ここでいくつか紹介いたします。

オクラ
日本で一般的に出回っているのは「五角種」という星型の断面であるオクラ。オクラは完熟すると固くなってしまうため、5~10cm程度の未熟果を収穫します。

赤オクラ
表面は赤色、内側は黄緑色…となんともおしゃれなオクラ!赤色のアントシアニン色素は茹でると溶け出て緑色になってしまうため、下処理して生で食べるか、短時間調理するなどの工夫が必要です。

白オクラ
淡緑色のオクラ。実が柔らかくアクも少ないため、生食に適していることから「サラダオクラ」とも呼ばれています。通常のオクラよりも粘りが強いのが特徴。

ミニオクラ
通常のオクラ(5~10cm)より早く収穫(2~3cm)したもの。若いうちに収穫するため、食べやすく調理しやすいサイズで、生食にも適しています。

丸オクラ
さやの断面が丸いのが特徴的。収穫サイズは10~15cmと通常のオクラよりもやや長めです。

まとめ

オクラについて

べジべジべジ!ベジベジー!
▼▼▼訳▼▼▼
(いかがだったでしょうか。かわいい見た目からは想像もつかない程、たくさんの栄養をつめこんだ僕たちオクラ! 独特の粘りでツルツルーっと食べられる上に、夏バテに効果的だなんて…まさに夏の期待の星☆
そんなオクラをおいしく召し上がっていただき、皆さんの健康のお役に立てれば嬉しく思います。)

※ベジピー(野菜の妖精)はベジ語を話すのです!まとめ取られちゃった…ま、いいか☆

このページをシェアする


友だち追加

参考サイト
農林水産省 / 旬の食材百科FoodsLink / 野菜情報サイト野菜ナビ

食材のあれこれ一覧へ戻る

商品カテゴリ

特集

食材から選ぶ

調理時間約5分!アレンジレシピ
冷凍お惣菜を使ってかんたんアレンジ!

食材のあれこれ
ベジピー(野菜の妖精)と学ぶ、食材のあれこれ!

4,400円(税込)以上お買い上げで送料無料

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

 

ページトップへ